不用品回収に関する記事 | 不用品回収のことならクリーンクルーにお任せください。

捨てられないのは「基準」が無いから!物を捨てる技術。

部屋中に物が溢れかえって、収納スペースに余裕がないと悩んでいませんか?
「まだ使えるから」「もったいない」と、物を溜め込んでいてはいつまでも部屋が散らかったまま。
部屋に物が多くなりすぎると、やがて掃除をするのも面倒になってしまいますよね。
どうしても物を捨てられないのは、捨てる「基準」を設けていないのが理由の一つなのです。

続きを読む

老いる前の生前整理~体力のあるうちの生前整理で豊かな老後を~

近年、人生のエンディングを迎える前に、残される遺族に迷惑がかからないよう、身の回りの整理、葬式からお墓までを自身で生前に決めておく「終活」を始める人が増えてきています。
この終活の中でも、早めに進めておきたいことの一つが「生前整理」。
体力のあるうちに、身の回りを片付けてゆとりのある老後を送るためにも、今回は生前整理のやり方についてご紹介します。
続きを読む

リサイクルマークの読み方

ごみを捨てる際に、リサイクルマークが表示されているものは、適切な方法で分別が必要です。
しかし、見ただけでは意味がわかりにくいマークもありますよね。
そこで今回は、処分のときに困らないよう覚えておきたいリサイクルマークの読み方と意味をご紹介します。
続きを読む

新聞紙をすっきりスマートに捨てる方法

チラシや雑誌などの紙ごみは、思いのほか場所をとるだけでなく、とても重量があるため、枚数が増えていくごとに処分するのが厄介になります。
この紙ごみの代表と言えるのが、毎日届けられる新聞紙。
今回は、処分するのが面倒な新聞紙を、スマートに捨てるための方法を紹介します。
続きを読む

1円でも高くリサイクルショップでものを売る方法

大掃除をした際に出てきた古本や家電は、自分にとっては不用品でも買い取り手がつく可能性があります。
状態が良いものやまだ電源が入って動く製品は、リサイクルショップに持ち込んで買い取ってもらいましょう。
今回は、リサイクルショップで一円でも高く買い取ってもらうためのコツをいくつか紹介します。
続きを読む

トラブルと無縁で不用品回収業者を利用する、5つのコツ

ゴミ回収ルールが細かくなっている中で、不用品をまとめて処分してくれる不用品回収業者は、忙しい人にとってとても便利な存在です。
しかし、不用品回収業者の数が年々増えてきているのと同時に、トラブルの報告も増加しています。
無料と聞いたのにお金を請求された、必要なものまで買い取られたといったトラブルに悩まないためにも、事前にしっかりと予防しておきましょう。
続きを読む

はじめて不用品回収をする場合の交渉術

初めて専門業者に不用品回収を依頼する場合、「適正な料金なのか」「スタッフの対応は親切か」など気になることはたくさんあるでしょう。

しかしこれらは、実際に利用してみないと分かりません。
中には勝手が分からず手間もかかるので、最初に電話した業者にそのまま頼む人が多いようです。
しかし費用や処分できるものは、業者によって大きく異なることも。できるだけ複数業者に見積もりを依頼すると、自分に合った業者が探せるでしょう。

■見積もりの際の交渉術

まずは不用品の種類やその量について、電話やメールで連絡しましょう。
それに対して、業者からだいたいの金額を提示してもらいます。

少ししつこい客になるつもりでしっかり説明してもらうのが肝心

最近は、部屋単位や軽トラック荷台一杯分など、定額制の料金プランがあります。
しかし適正料金とは限りませんので、料金体系は事前にしっかり説明をしてもらってください。

自治体では回収してくれないごみがある場合

→自治体で処理できない不用品(ピアノやタイヤ、危険物など)、あるいは家電リサイクル品などがあれば、事前に業者へ伝えましょう。
そして、別途料金が必要か確認します。
対応や費用など含め良い業者がいれば、その業者に出張見積もりを依頼。
実際に不用品を見てもらえば、具体的な回収費用が分かるはずです。
そのうえで料金が安い業者を複数選び、他業者の見積もり額を知らせて、業者同士を競合させるのも交渉術となります。

■日程を調整する交渉術

1.作業日時を調整する

依頼する業者が決まれば、作業に来てもらう日時を調整します。
繁忙期は混み合うことが多く、希望日に予約できないこともあるでしょう。いくつか候補日を挙げ、あらかじめ予定しておくと調整がスムーズです。

割引期間を狙おう!

業者によっては予約のタイミングによって割引を設けていることもあるので、事前にチェックし活用してください。

2.引取当日にすること

引取り当日は立ち合いだけで、基本的にすることはありません。
不用品の増減、あるいは特殊な扱いが必要なモノがある場合は、再度見積もりとなるでしょう。
両者が了解した上で作業開始となりますので、追加料金がないか確認して下さい。

回収料金を支払うタイミングはいつ?

一般的には、作業終了後に現金で料金を支払います。

■不用品割引交渉のコツ

料金は業者ごとに異なります。
不用品回収にかかる経費の多くは人件費や移動費、努力次第で値引きできる余地があるため、値引き交渉は必須と言えるでしょう。

遠慮は不要。2社以上の見積もりで交渉は断然有利に

見積もりの時点で他業者と競合させ、業者側に値引きできる範囲を確認してもらってみてください。
業者同士の価格競争は激しく、値引き交渉とは別に割引サービス(ネット割、子育て応援割引、高齢者優遇割引、女性優待割引、学生割引など)が利用できる業者もあります。

「できるだけ安く抑えたい」という前提で、どこまでなら値引きできるのか。
あるいは、依頼日などを含め何か活用できる特典がないのかは、しっかり確認しましょう。
もちろん最安値を聞いたうえで時間をもらい、他社と比較するのも1つの方法です。

クリーンクルーなら、お客様のニーズに合わせて専門スタッフがご対応させていただきます。
首都圏及び大阪の不用品回収サービスはクリーンクルーへ。
今すぐ捨てたい不要品がある方、処分にお困りの方はぜひご相談ください。

ご相談はクリーンクルーへ!

クリーンクルーでは、首都圏及び大阪の不用品回収サービスを行っています。
今すぐ捨てたい不要品がある方、処分にお困りの方はぜひご相談ください。

不用品回収で困る事

一般家庭で出る不用品は、日用品から家具、家電品までさまざまです。特に大型の粗大ごみなどは普通のゴミとして捨てられず、不用品回収などを利用する必要があるでしょう。しかし不用品回収については、いざ捨てる際に「こんなことに困った」という声が。どのような事態が考えられるのか、あらかじめ知っておくと慌てずに済むかもしれません。

■引越しの際によく見られる不用品

たくさんの不用品が出るシーンとしては、引越しが代表的です。ではその際、いったいどのような不用品が出てくるのでしょうか。引越しでは、次のようなものが不用品として多く見られるようです。

・ベッド
・冷蔵庫
・洗濯機

引越し先では使わないけど、大きくて処分するのが大変。これらの不用品に共通するのは、「大型」の家具・家電品であること。もし引越し先へ持って行こうとすれば、引越し料金を跳ね上げてしまいます。そのため、引っ越しを機に新しいものを購入することが多く、これらはよく不用品として出されるようです。

■家電リサイクル法の施行で不用品処分にも費用がかかる

ベッドや冷蔵庫、洗濯機などの大型の家具・家電品は、個人で運ぶことが困難といえるでしょう。さらに冷蔵庫や洗濯機は家電リサイクル法に則って、現在、リサイクルが義務付けられています。そのため、ただ処分すれば良いのではなく、きちんと引き取ってもらわなければなりません。

新しい家電品を購入する場合には、家電ショップが古いものを引き取ってくれることが多いでしょう。
新しい家電と入れ替えになりますので、これなら手間はありません。しかし引越しなどでは、先に古い家電を処分しなくてはなりません。そのため、引き取ってもらうにはリサイクル法に基づく費用がかかることが多くなります。

また、その他に不用品として多いのが本や衣類です。
リサイクルショップなどですぐに引き取ってもらえるところがあれば、そこに持ちこむのも良いでしょう。しかし、多量の本や衣類の場合は、車などがないと持ち込めないかもしれません。
そんなときは、オークションやフリマなどを活用する方法もあります。しかし買い手が見つからなければ譲ることができず、「すぐに処分したい」という人には向かないでしょう。
もし引越しなどで期日までに買い手が見つからなければ、結局、そのまま新居へ持っていかなければいけなくなってしまいます。いつ処分したいのかを踏まえながら、スケジュールに沿って処分できるような方法を選ぶことが大切です。

ご相談はクリーンクルーへ!

クリーンクルーでは、首都圏及び大阪の不用品回収サービスを行っています。
今すぐ捨てたい不要品がある方、処分にお困りの方はぜひご相談ください。

知っていると“得する”不用品回収テクニック

引越しや遺品整理などで、不用品を回収してもらいたい。そんなとき、どのような手段を思いつくでしょうか。多くの自治体で、今や大型ゴミの回収にも費用がかかります。つまり、不用品回収にもお金が必要であることは、もはや普通。しかしときには、急に処分したいものが出てくることもあるでしょう。ここではお得に不用品を回収してもらうための方法について解説していきます。

続きを読む